Subscribe via RSS

優れたエコアイテムであるダンボールの活用法

わたし達の生活にさまざまな活躍をみせてくれるダンボールは、リサイクル率が90%を超えるエコな素材と言えます。
軽量であるにも関わらず丈夫な素材であるダンボールの、梱包材という枠をはるかに超えた使い方に今注目が集まっています。

最近では、加工しやすい素材や独特の優しい質感を生かしたダンボールアートを楽しむ人たちも増えてきました。
ダンボールアートとは、その名のとおりダンボール特有の素材や質感を利用して作る工作やオブジェなどを指します。

それは子供たちの美術や芸術の教育現場でもよく使われており、それは彼らの情操面の発達にも大いに役立つと言われています。
また、安全で子供の腕力でも加工しやすいことも、工作の材料には最適ですね。

ダンボールは、「板」と呼ばれる板紙からできており波形に成型された中芯の周りにライナーと呼ばれる紙が貼り付けられており、
ダンボール特有の波形になった段の部分はフルートと呼ばれています。

この波形である素材が、他にはないザラついた質感を表しておりそれは柔らかいクッション性に富んでいます。
軽くて高い強度を持った素材なので立体的なものを作る時にも活躍し、本棚やCDラックなどインテリア家具を作ることも可能です。
このようにダンボールは、発想や使い方一つで芸術作品から生活に役立つものまで作ることのできる素晴らしいエコアイテムと言えるのです。