Subscribe via RSS

キャンプの時のテント泊に

大きめの車に買い替えたのをきっかけに今年からアウトドアデビューし、夏には初キャンプに行ってきました。その時にキャンプ歴15年
のプロに教えてもらった必殺技があります。それが、テントの中でのダンボール活用法。
テントのフロア部分に、寝袋などの一番下に一枚敷くそうです。アウトドアショップなどにはこれの代わりになるテントマットなる商品が市販されているのですが、まず運ぶのに
かさばるし、何より結構いいお値段がします。でもダンボールなら、キャンプの後汚れたらすぐに捨てられるのですね。
そして、実際そこで寝てみると、十分暖かく、やわらかいのです。機能性は市販のマットに少しだけ劣るくらい。これには眼から鱗でした。キャンプを一から始めるときは、そうでなくても初期費用がかかります。コンロやクーラーボックスなどの調理周り、テーブルやチェアなどのリビング周り、そしてテントなどの寝室周り。全部そろえると軽く10万円は超えてしまいます。とりあえず最初の年はダンボールをテントマット代わりにしてやってみるというのもいいかな、と思います。それでアウトドアライフが本当に気に入ったら翌年テントマットを新しく購入してもちっとも遅くありません。
大きなダンボールは薬局やスーパーなどでゲットできますが、もし選べるならなるべく厚めの
ものがいいと思います。これは使える裏技です。
ちなみに我が家はこれから数年先までダンボール使用組の予定です。