Subscribe via RSS

見えないところの収納箱として大活躍

ダンボールと一口に言ってもいろいろ。一括りにされてしまいますが、ダンボールにも複数の種類があります。ネット通販の時の包装によく使われるような薄くて
すぐに折れてしまうようなもの。赤ちゃんのおむつなどやわらかいものを包装しているような、サイズは特大でもやわらかいもの。
そして、缶ビールや調味料が入っていたような、壊れにくい厚手のもの。
色々ありますが、固めのダンボールは、家庭内の収納にとても役に立ちます。例えばキッチンのシンク下。固めのダンボールを
切って油などの収納箱にします。油がたくさんこぼれたりしたらすぐに交換できて衛生的。そして洗ったりする手間が省けて効率的。
洗面所でも、ダンボールを底から10センチほどのところでカッターで切って、封を切っていない石鹸やシャンプーなどを入れて
おきます。見栄えは確かにそれほどよくないですが、主に見えないところの収納箱として活躍してくれます。
100円ショップでプラスチック製品をたくさん買い込むより、ダンボールでまずは試してみたらどうでしょうか。
ネットでお買い物をするとダンボールに入った商品がたくさん届くので、最近では上質のダンボール欲しさ?にネットショッピングを
してしまうこともあります。届いた商品が厚手の丈夫なダンボールで包装されていたりすると、なんだかとっても得した気分になりますよ。